What Time Is It, Mr Wolf?

This game is exactly like the 'Red light, green light' game. Students practice asking the time and listening to the ALT count while trying to make it across the room.

Archived from Englipedia.
Originally submitted by Elem. ALT Team on Jul 19, 2007.

DETAILED EXPLANATION:

  • Students line up on the wall and yell out, "What time is it Mr. Wolf?" The wolf replies with a time between 1~12 o'clock. NOTE: This game only works well for the o'clock numbers.
  • After choosing a time, the wolf turns his back to the students and starts counting down, at which time the students start running (gym) or kimono-shuffling (classroom) towards the wolf trying to touch him without being caught.
  • When the wolf finishes counting, he/she turns around and everyone must be frozen. If the wolf sees anyone move they must go back to the start.
  • If a student successfully touches the wolf, mayhem ensues. The wolf and the student who touched the wolf turn and try to tag people trying to run back to the start line. Any student touched turns to a wolf to help in the next round.
  • The wolf can also say, "It's lunchtime," instead of a time, at which point he/she can chase the kids too.
  • Game goes until only one player is left, everyone is exhausted or players lose interest.

VARIATIONS:

  • To have the students practice saying numbers instead of the question, reverse the process. Have the wolf ask the time and the students take turns saying, "It's ~ , Mr. Wolf!"

TEACHING SUGGESTIONS:

  • This game is best played in the gym. If you must use the classroom, it is best to move all the desks and chairs to the side.

概要: このゲームは「赤・青信号」というゲーム(日本のゲームの「だるまさんが転んだ」)に似ています。児童は先生の言うことを聞いて時間を尋ねる練習をしながら教室の端から反対側まで歩きます。

手順:

  • 児童一人または先生がオオカミになって、教室の端に立つ。他の児童は反対側の壁に並んで、「What time is it Mr. Wolf?」と大声で尋ねる。オオカミは1時から12時の間にある時間を答える。
  • 時間を言ったら、オオカミは生徒に背を向けて壁に向かい10からカウントダウンを始める。 それと同時に、児童はオオカミに向かって走り始め、オオカミに捕まらないようにしてタッチしようとする。
  • オオカミはカウントダウンが終わる度に、児童を振り返る。この時児童はじっとして動かない。オオカミが、誰かが動いたのを見た場合、その児童はスタートの所に戻らなくてはいけない。
  • もし児童がカウントダウンが終わらないうちにオオカミにタッチしたら、大逃走を始める。オオカミとオオカミにタッチした児童は他の児童がスタート地点に走り戻るまでにタッチすることを目指す。タッチされた児童はオオカミの一人になって次のゲームでオオカミの助手をする。
  • オオカミは、時間を言ってからしばらくしてカウントダウンの代わりに「It's lunch time」と言うことができる。その時は、オオカミは直ちに児童を追いかけることができる。
  • ゲームは児童が一人になるまで、または全員が疲れるまで続ける。

バリエーション:

  • 生徒に質問の代わりに数を言う練習をさせるためには、プロセスを逆にします。オオカミが時間を聞いて生徒が「It's ~ , Mr. Wolf!」と答えます。

教える際のアドバイス:

  • このゲームはジムで行うことをお勧めします。 どうしても教室を使用しなければならない場足は、片側に机と椅子をすべて移動するのが最適です。

Total 0

Estimated time: 20-50 min

Submitted by: Englipedia Archive

September 03, 2019

Comments

Sign in or register an account to leave a comment.