J-Style Fast Food

Students practice eating at a Japanese-style fast food restaurant.

Archived from Englipedia.
Originally submitted by Maggie Li on Mar 16, 2008.

MATERIALS NEEDED:

  • Images of food items (eight would be a good number for a class of 30 kids).
  • Prepare an envelope for each student. Each envelope should contain 4 different food tickets (small cards with images of food items)
  • Find 8-10 food images. The items can be printed on A4 size paper & laminated to be displayed on the board. As for the food tickets, I used the same images but selected a different printing option that allows me me print 60 images on an A4 size paper.

DETAILED EXPLANATION:

Teach students names of food as you display the items on the blackboard. Teach the model conversation:

  • "May I help you?"
  • "Yes, please give me..."
  • "Sorry. Sold Out."
  • "Okay, here you are."

Once students get a hang of the above conversation, give each student an envelope prepared as described in the "Materials Needed" section.

Students go around and practice the model conversation. The basic practice goes like this:

  • Student A: "May I help you?"
  • Student B: "Yes, please give me....".

If Student A has the "ticket" of the item asked, they give it to Student B and say, "Yes, here you are." If Student B does not have it, then he/she should say, "Sorry. Sold out." Then, the two students switch roles.

Students enjoy this games as they gain/lose cards on hand. 30 students, along with the JTE and ALT were all still very enthusiastic after about 10 minutes of interviewing. At the end of the game, while some ended up having no cards...some students had up to ten cards.

VARIATIONS:

  • For younger kids, mix in food items they are familiar with or have the same names in English - Yakisoba, Udon, Spaghetti, Ramen, Pizza, etc.
  • To add different cultures to this activitiy, use food items from different countries.

TEACHING SUGGESTIONS:

  • Pretend that you are the owner or cook of the restaurant as you introduce the food items to students.

TIPS/CAUTIONS:

  • Once student A gives student B a card, student B cannot asks for the same card back.

概要: 生徒は、和風ファーストフードレストランで食事をする状況を想定して練習します。

必要な教材:

  • 食べ物をイメージさせるアイテム (30人クラスには8つがちょうどよい数です。)
  • 一人ひとりの生徒に封筒を用意します。それぞれの封筒に4つの異なるフードチケットを入れます。 (食べ物を描いた小さなカード)
  • 8から10の食べ物アイテムを探します。このアイテムはA4サイズの紙にプリントアウトし、黒板に貼れるようにラミネートします。フードチケットについては、私は同じ絵を使いましたが、異なる印刷方法を選択しました。それはA4サイズの紙に60種類の絵を印刷できるものです。

手順:

黒板にアイテムを貼るときに食べ物の名前を生徒に教える。モデルとなる会話文を教える:

  • "May I help you?"
  • "Yes, please give me..."
  • "Sorry. Sold Out."
  • "Okay, here you are."

生徒が上の会話の仕方を理解したら、それぞれの生徒に「必要とされる教材」に書かれているように準備された封筒を渡す。

生徒は歩き回って、モデル会話を練習する。基本的な練習は以下のように行う。

  • 生徒 A: "May I help you?"
  • 生徒 B: "Yes, please give me....".

生徒 A が求められたカードを持っていたら、生徒Bにそれをあげて, "Yes, here you are." と言う。もし生徒Aがそれを持っていなかったら, "Sorry. Sold out."と言う。それから2人は役割を交代し、上の会話を行う。
生徒はカードをゲットしたり失ったりしてこのゲームを楽しむ。どの程度生徒たちが活発かにもよりますが、JTEとALTがいる 30人の私の学級では約10分のゲームの後でもまだすべての生徒の熱気が残っていた。ゲームの終わりにはすべてのカードを失った生徒がいる一方で10枚以上のカードをゲットする生徒も出てきる。

バリエーション:

  • 低学年の生徒には彼らがよく知っている食べ物や英語でも同じ名前を持つ食べ物を混ぜます。たとえば Yakisoba, Udon, Spaghetti, Ramen, Pizza, など。
  • このゲームに文化的な要素を含ませたいなら、いろいろな国の食べ物を追加してみます。

教える際のアドバイス:

  • フードアイテムを紹介する時に、あなたがそのレストランのオーナーかコックであるかのようにふるまってください。

注意すること:

  • いったん生徒A が生徒B にカードをあげたら、生徒B は同じカードを取り戻すことはできません。

Total 0

Estimated time: 20-30 min

Submitted by: Englipedia Archive

July 18, 2019

Comments

Sign in or register an account to leave a comment.