Bridge

Students try to race across the Vocab Bridge to the opponent’s side. This game is also known as "Snake Line" or "Janken Line".

Archived from Englipedia.
Originally submitted by Roger Parker on Oct 10, 2009.

DETAILED EXPLANATION:

  • Make two teams of 4-5 students. Depending on the size of the class, you may need 4-5 games going on simultaneously.
  • Lay about ten large flashcards on the floor in a line, forming a trail of stepping-stones. The two teams line up at the opposite ends of the flashcards facing each other.
  • When the teacher says, “Go!” the first student starts with the flashcard in front of him/her, walking along the side, naming each card as he/she touches it.
  • Students play janken when they meet along the way.
  • The winner continues on. The loser goes to the back of their team's line. The next student in line immediately starts by saying and touching the flashcards in front of him/her as s/he moves toward the other team. When the two students meet up, they play janken.
  • If a student reaches the final flashcard on the other side, their team receives one point. The student returns to his/her team and the next student in line starts the process again.
  • Keep playing until each student gets a few chances to play.

TIPS/CAUTIONS:

  • Don't let the students walk ON the cards. Have them walk beside them.
  • If possible, teachers should follow students to ensure that they are pronouncing each word correctly and clearly.
  • This can be done with as little as two students. though it gets frenzied.

概要: 生徒は相手の所までに単語を作った橋を渡すにします。このゲームは“蛇のライン”または “じゃんけんのライン”という名前を知られているものです。

必要な教材:

  • フラッシュカード

手順:

  • 4-5人のチームを作る。クラスの大きさによっていくつかのゲームと一緒にする可能性がある。
  • 床にハイキング・コースのような一列で10枚ぐらいフラッシュカードを置く。そして、チームはそれぞれ相手に向って教室の反対側に並ぶ。
  • 先生が“Go!”を言うと、両方チームの一番目の生徒は自分の前にあるフラッシュカードから始める。フラッシュカードの側に歩き、フラッシュカードを触りながら単語をはっきり言う。
  • 生徒は相手と同じフラッシュカードのところに着いたら、じゃんけんをする。
  • じゃんけんを勝ち生徒は続ける。負ける生徒は自分のチームに戻り、二番目生徒と交換する。その生徒は一番目のフラッシュカードから歩き、触りながら単語を言う。また、同じなカードに着いたらじゃんけんをする。
  • 生徒は相手の所に着いたら自分のチームは1ポイントをもらう。その生徒は自分のチームに戻り、次の生徒が同じのようなゲームをする。
  • 生徒ずつにゲームをする機会があるまでにゲームは続ける。

注意すること:

  • 生徒はフラッシュカードの上に歩かないように気をつけてください。フラッシュカードに沿って歩きます。
  • 正しい発音を確認するために、できれば、先生は生徒と共に歩いて聞きましょう。

Total 0

Estimated time: 5-15 min

Submitted by: Englipedia Archive

June 29, 2019

Comments

Sign in or register an account to leave a comment.