Body Builder

Students learn how to recognize body parts by speaking and drawing the parts.

Archived from Englipedia.
Originally submitted by Joyce P. Le on Dec 4, 2007.

MATERIALS NEEDED:

  • BodyBuilder worksheet.
  • Dice: make your own homemade dice

DETAILED EXPLANATION:

  • Give each student a piece of drawing paper. Divide the class into small groups and give each group a body builder game board and a die.
  • One student will roll the die and then move accordingly. Student will say and draw the body part they land on. If students are having troubles with the vocabulary, teachers could help, or encourage other team members to help.
  • Students can only draw one body part at a time. For example, if they land on an ear, they can only draw one ear. If they land on the same body part, they cannot draw the body part again.
  • The student who draws a complete human figure first wins the game.

VARIATIONS:

  • Number 2: To make it more difficult, tell students that they have to roll a “2” to start drawing. Number 2 because the face/head is 2 steps after the “start.”
  • Pairs: Have students work in pairs. One student will roll and say the vocabulary. The partner cannot look at the game board and will draw based on what he/she hears.
  • Challenge: Students must land on and draw a head/ face before they can draw the eyes/ nose/ ears/ mouth/ hair. Students must have a body before they can draw arms/ hands and legs/ feet.
  • Partner 'Simon Says': Students work in pairs. One student will roll and say the vocabulary as the other student will touch the correct body part. The object of this game will be to touch the correct body part before the other team does.
  • Warai-Karuta: Each group needs a game board, a die, and small cards of body parts. In a group, one student rolls the die and then everyone will try to be the first one to grab the body part (just like the game of karuta). Using the body part, they will build their human, just like the Japanese game 福笑い (fukuwari). The student with the most body parts or the most human-look-alike wins the game.

概要: 体の部分を話したり、描いたりする事によって、その単語を認識する方法を学びます。

必要な教材:

  • ボードゲームワークシート。 上の「Materials Needed」に見てください。
  • さいころ:手製の紙さいころをするのは[ここ](http://www.senteacher.org/Worksheet/23/Literacy.xhtml)をクリックします。

手順:

  • 生徒に画用紙一枚ずつ渡す。クラスを小さいグループに分けて、それぞれのグループにボードゲームとさいころを渡す。
  • 生徒は一人ずつさいころを投げて出た目のとおりに進む。着いた場所の体の部分を言って画用紙にその絵に描く。もし生徒が、その単語が分からずに困っている時は助け舟を出すか、あるいはチームのメンバーが助けるように促す。
  • 一回に体の部分の絵は一つしか描けない。例えば、耳の所に着いたら耳を一つだけ描く。もし同じ体の部分のところへ着いてしまったら、それ以上同じものは描けない。
  • 一番最初に完全な人間の体を描き終わった生徒が勝つ。

バリエーション:

  • Number 2: もう少し難しくするために、生徒が絵を描き始めることができるのはさいころの「2」の目を出した時という事にします。顔の絵が「スタート」から2番目にあるからです。
  • Pairs: 生徒は二人一組になります。一人はさいころを投げて単語を言います。もう一人はボードゲームを見ないで、聞いた言葉の絵を描きます。
  • Challenge: 生徒は目や鼻や耳などを描き出す前に必ず、頭か顔の絵のあるところに着かなければなりません。それから腕や手や足などを描きだす前にも先に体のところに到着して体を描いておかなければなりません。
  • Partner "Simon Says": 生徒は二人一組になります。一人はさいころを投げて、単語を言います。もう一人はゲームボードを見ないで、自分の体の部分を正しく触ります。このゲームの目的はどれくらい他のチームより早く正しい場所を触れるかということです。
  • Warai-Daruta: グループそれぞれボードゲームとさいころと体のカードセットを使います。体のカードは机の上に広げます。グループの一人がさいころを投げます。他の生徒はいち早くそのカードを取る競争をします(かるた取りと同じです)。体の部分のカードを使って人間を作り上げます。(福笑いのゲームと同じです)。一番たくさん体の部分を持っている生徒、または一番人間らしいものを作り上げた生徒が勝ちです。

Files:

ES_Game_BodyBuilding.doc

Total 0

Estimated time: 10-25 min

Submitted by: Englipedia Archive

May 27, 2019

Comments

Sign in or register an account to leave a comment.